紫外線対策サングラス
アウトドアなどの野外活動で、長時間、強い紫外線を浴びていると、目の病気を引き起こす可能性があります。

目には紫外線を防ぐ最低限の機能が備わっています。

日常の通勤や、通学、買い物、車の運転などでは殆ど問題ないですが、長時間、強い紫外線を浴びるアウトドアではサングラスを着用した方がいいです。

紫外線は頭上からの日光の影響だけはありません。

海、川、湖からの照り返しの影響も受けます。

キャンプ、登山、海水浴、畑仕事など、強い紫外線の中で過ごすときには、サングラスを着用することをお勧めします。

スポンサーリンク

紫外線対策 サングラスの選び方

紫外線カットを目的としたサングラスを選ぶポイント

まず、初めに、サングラスの紫外線透過率、又は紫外線カット率を確認することが大切です。

紫外線透過率1.0%以下というサングラスは、紫外線カット率99%以上の性能があります。

色の濃いサングラスの方が紫外線をカットできると思っている人が多いようですが、色の濃いサングラスは逆効果になる場合があるので注意しましょう。

紫外線をカットする機能がないのに、濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性があります。

人の目は、日光が遮られ暗くなると、瞳孔が開き、より多くの光を取り込もうとします。

色の濃いサングラスは、日光が遮られるため、目の瞳孔が大きく開いてしまい、かえって紫外線を浴びてしまいます。

色の濃いサングラスをかけるときは、紫外線を透過させない機能のあるものを選びましょう。

スポンサーリンク

サングラスは色で選ぶよりも、UVカットやUVケア、UV400のものを選ぼう

体が紫外線を浴びることで、ビタミンDを作り免疫力をアップさせる効果などもあります。

目に関して言えば、紫外線が良い影響をもたらすことはありません。

UVカットのサングラスを常に着用して、まったく紫外線を浴びないようにしても、目の働きが衰えるということはないようです。

紫外線は波長により、UVA (波長400~315nm)、UVB(波長315~280nm)、UVC (波長280nm 未満)と区分されています。

紫外線の人体への影響は、この数値が小さいほど高くなります。

UV400のサングラスは、紫外線のすべての領域をカバーしています。

UV400の紫外線透過率1.0%以下のものを選びましょう。

サングラスのデザインは、顔にフィットしたものを選ぼう

紫外線はサングラスと顔との間にスキ間があると、そこからも入り込んできます。

マラソン選手が使っているような、顔に沿うようなカーブを描いたサングラスがおすすめです。

海、川、湖からのギラギラした照り返しを防止する機能のある偏光レンズがいいでしょう。

まとめ

私は、紫外線対策用に毎年サングラスを購入しています。

日常でも、紫外線の強い季節は、外出するときには必ずサングラスをしています。

私の愛用のサングラスはスキー用のサングラスですが、着け心地がとてもよくて、サングラスをしていることを忘れてしまいます。

そのせいか、下を向いたときに、いつもサングラスを地面に落してしまい、レンズに傷が入ってしまうのです。

スポンサーリンク