スポンサーリンク

ラフティングとは、大型のゴムボートを使って急流を流れ下ること。

ラフトとはいかだの意味で、ゴムのいかだを使用して川下りをするアウトドアスポーツです。

大自然を楽しむことができるラフティングは、人気のウォーターアクティビティです。

水に濡れながらも、急流を突進するスリル感が爽快です。

関東近郊でラフティングが楽しめる場所をまとめてみました。

関東近郊でラフティングがおすすめ場所

ラフティング

1.埼玉・長瀞のラフティング

長瀞では、荒川を利用したラフティングが人気です。

荒川は、甲武信ヶ岳を源流に埼玉から東京を流れて、東京湾までの全長約170kmです。

ラフティング以外にも、川下り、川遊び、釣りなどが有名です。

荒川は、比較的水量が安定しで、緩急のバランスが良くラフティング初心者向けの川です。

都心からのアクセスも良く、関東で人気のエリアでの一つです。

池袋駅から西武池袋線で西武秩父まで80分、秩父鉄道に乗換えて長瀞まで20分です。

池袋駅から東武東上線で寄居まで80分、秩父鉄道に乗換えて長瀞まで20分です。

車なら、関越自動車道で練馬ICから花園ICまで50分、秩父・長瀞方面へ国道140号を経由して長瀞まで10分です。

長瀞でラフティングをするなら、こちらのサイトにツアーを主催している会社の一覧があります。

参考にしてください。

長瀞ラフティング業者協議会

2.東京・奥多摩のラフティング

奥多摩は東京都西多摩郡奥多摩町に広がる地域です。

御岳渓谷が美しい多摩川でラフティングが楽しめます。

多摩川の源流は埼玉県と山梨県境の笠取山で、東京湾まで全長約138kmです。

奥多摩では、ラフティング以外にも、カヌー、キャニオニング、マウンテンバイクなどのアウトドアスポーツが楽しめます。

奥多摩を流れる多摩川は比較的急流で、もともとカヤックが有名です。

東京都内とは思えない大自然、電車で気軽に行ける人気のエリアです。

新宿駅から最寄り駅の青梅駅まで中央線快速で約70分、日帰りで遊びに行けます。

青梅駅まで無料の送迎付きプランがおすすめです。

車の場合、圏央道の日の出ICか青梅ICで降りて車で20分です。

ラフティング協会

スポンサーリンク

3.群馬・水上のラフティング

水上を流れる利根川でラフティングを楽しめます。

利根川の源流は群馬県利根郡みなかみ町の大水上山。

関東平野を流れて銚子の太平洋へと注ぐ、日本最大の流域面積がある河川です。

水上のラフティングの特徴は、利根川の激流ポイントが多く、迫力があります。

谷川岳の渓谷が続いて、景色がきれいです。

ラフティングができるコースが長く、レベルに合わせてコースが選択できます。

春の雪解けのシーズンは、利根川の水量が増し、激流を下るラフティングが楽しめます。

夏から秋は水量も安定し、景色を眺めながら初心者でもラフティングが楽しめます。

水上の利根川のアウトドアは、ラフティング以外にもキャニオニングが有名です。

キャニオニングとは、体のまま川底を滑る天然のウォータースライダーのこと。

滝壺へのダイブなど大自然との一体感が体験できます。

水上でラフティングをたのしむなら、こちらを参考にしてください。

水上ラフテイング協会

まとめ

ラフティングなどの川遊びは、安全性が気になるところですよね。

ツアーを選ぶ際には、金額やコースだけではなく安全性をよく検討してみてください。

初心者なら、まずは、やさしいコースで一度体験してみることをおすすめします。

スポンサーリンク