熱中症対策

熱中症は、炎天下の環境だけではなく、急に気温が高くなることで、体が暑さに適応でないために生じます。

もしも、熱中症の症状が疑われたら、すぐに、対処します。

汗を大量にかいているにもかかわらず、水分補給をしていなかったり、暑い場所にずっといて、涼しい場所で休憩しなかったりすると起こりやすいです。

汗をかくことで、熱を身体の外へ放出しています。

しかし、汗をかいているのに水分補給が十分でないと脱水症状を起こします。

熱中症の症状は、脱水症状だけではありません。

熱中症の症状別に、大きく5つのタイプに分けてみました。

スポンサーリンク

熱中症の症状別対処の仕方

熱失神

めまいや冷や汗、顔のほてり、軽く意識が遠のいたりします。

脳に血液が回りにくい状態です。

足を頭より高くし、エアコンの効いた涼しい場所で休ませましょう。

熱けいれん

手足に筋肉痛のような痛みを感じます。

手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。

筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

大量の汗をかいたあと、水だけ飲んで塩分を取らなかったときに起こりやすいです。

1リットルの水に9gの食塩を入れて飲みましょう。

熱疲労

頭痛、体がぐったりし、力が入らなずに、倦怠感を感じます。

吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

大量に汗をかき脱水症状を起こしているため、塩分を含んだ水を飲みましょう。スポーツドリンクでもいいです。

脳に血液が回りにくくなっているため、足を頭より高く上げて休みましょう。

スポンサーリンク

熱射病

体温が高く、皮ふを触るととても熱い、不自然な言動など意識がはっきりしないときは、命の危険があります。

体が異常に熱くなっているため、すぐに体温を下げる必要があります。

すぐに救急車を呼びましょう。

到着するまでの間、首の付け根、足の付け根に氷や保冷剤などを当てて、体温を下げましょう。

寒気

体が熱いにもかかわらず、寒気を感じるときは、熱中症が重症化している可能性があります。

脳が錯覚を起こし、熱いはずのものを脳が寒いと感じてしまっているのです。

寒気があるときは、汗もかかずに、汗が止まっていることがあります。

これも、熱中症のために、体温調節機能が失われていることが考えられます。

これは、かなり危険な状態です。

意識があったとしても、すぐに救急車を呼びましょう。

まとめ

熱中症のサインに気づいたら、早めに対処することが重症化にならないために大切です。

それよりもます、熱中症にかからないように気をつけて、予防することを心がけましょう。

アウトドアなどの野外活動をするときには、こまめに水分補給できるように、冷えたスポーツドリンクを用意しておきましょう。

また、2時間おきぐらいには、涼しい場所で休憩をするなどして、暑くなった体を冷やしましょう。

スポンサーリンク