スマホ

スマホの充電は、けっこう時間が掛りますよね。

スマホをフル充電するのに4~5時間ぐらい掛ったりします。

充電器によっても、充電するスピードが速かったり遅かったりします。

なぜでしょうか?

問題は、充電器とスマホの相性にあります。

モバイル機器はそれぞれ性能が異なります。

スポンサーリンク

スマホ充電器のおすすめは「Anker」

スマホの充電に時間がかかるのには理由がある

標準的な充電器は、モバイル機器の性能にかかわらず、同じ規格で充電します。

スマホの充電が遅いのは、充電器がスマホの性能にっとて最適な方法で充電を行っていないために起こります。

充電ケーブルと充電器の相性もあります。

スマホにとって最適な充電を行うために、おすすめする充電器は、「Anker」の充電器と充電ケーブルです。

100均の充電器と充電ケーブルもあります。

安くて手軽ですが、まともに充電できないです。

スマホのバッテリの劣化を早めることにもなりますので、思い切って、充電器と充電ケーブルを買い換えましょう。

スポンサーリンク

Anker PowerPort 2 (24W 2ポート)がおすすめ

Anker PowerPort 2 (24W 2ポート)

出典 Amazon

私は、Anker PowerPort 2でスマホを充電するようになってから、今までフル充電に4時間くらい掛っていたのが、2時間半ぐらいできるようになりました。

最初の驚きは、今までの充電器は何だったのかと思ったほどです。

PowerIQは、ANKER社の開発した技術です。

充電ポートに接続された機器の特徴を自動的に検知し、その機器に最適な電流を送り充電します。

PowerIQを搭載したAnker社のモバイルバッテリーや充電器なら、その機器に最適な時間で充電できます。

私は、実際使っていますが、スマホの充電が早いのはもちろんのこと、その機器に最適な方法で充電するので、バッテリーの劣化を防いでくれます。

スマホは、頻繁に充電するとバッテリーの持ちが悪くなり、2年もスマホを使っていると、バッテリーの持ち時間が半分ぐらいになったりします。

でも、Ankerの充電器を使用するようになってから、バッテリーの持ちが悪くなることがないです。

まとめ

100均や格安で売っているようなUSB充電対応の汎用的なACアダプターは、スマホの充電に時間が掛ると思ったことがある人は多いでしょう。

この充電時間を決めるのは、USBコネクタから出力される電流によるものです。

電流が大きければよいというものではなく、充電器がスマートフォンやタブレットに最適な量の電流を流せるかどうかが最大の要因なのです。

PowerIQの技術はすばらしく、充電ポートごとに最適な電流を検知し、機器を充電します。

もちろん、充電器と充電ケーブルはセットでAnker社のものがいいでしょう。

スポンサーリンク