キャンプのLEDランタン

アウトドアの便利グッズは、災害時にも役立つものばかりです。

アウトドア製品は野外での使用を想定しているので、機能性、携帯性に優れています。

災害はいつ来るか分りませんが、いつ来ても安心できるように、準備はしておきたいものです。

しかし、いつ来るか分からない災害のために、災害対策グッズを買うのももったいないですよね。

そんなときのために、おすすめするのが災害時でも役立つアウトドアの便利グッズです。

今回は、キャンプだけではなく災害時にも役立つ、LEDライトについて紹介します。

スポンサーリンク

キャンプだけではなく災害時にも役立つLEDライト

キャンプ用のLEDランタンよりも明るいLED電球がいい理由

キャンプ用のLEDライトとして、LEDランタンは有名です。

LEDランタンは、テーブルの上に置いたり、テントに吊り下げたりして使います。

ほとんどのLEDランタンは、ライトの下の部分に電池が入っています。

この構造は、アルコールランタンの名残なのでしょう。

そのため、光の広がりが真下には向かず、横方向に散ってしまって、結構、暗く感じます。

ライトの光は、光源が頭の真上にあった方が明るく感じます。

真上から照らされた方が、同じ明るさのライトでも明るく感じます。

私は、LEDランタンよりも、真上から照らせる電球タイプのLEDライトをおすすめします。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーとUSB接続できるLEDライトがおすすめ

LEDライト

出典 Amazon

デザインは白熱球と同じですが、USB電源で接続するLEDライトです。

ライトのON/OFFスイッチも付いていて、とても便利です。

キャンプや災害時には、スマホ用のモバイルバッテリーと接続して使うことができます。

テントやターフの上部から吊り下げて使うと、明かりが直下に向いていてとても明るいです。

災害で停電になったときには、付属のフックでリビングの天井に吊り下げれば、十分な明るさが確保できます。

最も主流の10000mAhのモバイルバッテリーで、5WタイプのLEDライトが何時点灯するか計算してみました。
  
モバイルバッテリーの電圧 5V

LEDライトの消費電力 5W

5W÷5V=1A

1000mA=1Aなので、10000mAhのモバイルバッテリーで、約10時間点灯する計算になります。

まとめ

スマホ用のモバイルバッテリーが、キャンプや災害時にも役立つことが分かりました。

10000mAhのモバイルバッテリーで約10時間点灯するなら、キャンプなら1泊、災害時の停電でも一晩ぐらいなら、十分に使えそうです。

スマホ用のモバイルバッテリーも、キャンプや災害時を想定して容量を考えるなら、20000mAhくらい大容量のものが安心できますね。

USB接続できるLED電球は、地震や台風のときに停電が起こった際にも、役立ちます。

U明るさは、リビングの照明で使っているLED電球と同程度なので、2~3個持っていると十分な明るさを確保できます。

スポンサーリンク