作品
路線バスの旅、太川陽介さんと蛭子能収さんのコンビは、最高ですよね。

太川・蛭子の名コンビが卒業しました。

2人のコンビが番組の顔だっただけに、残念ですよ。

路線バスの旅は、2017年の3月から新シリーズになって、新コンビになりました。

田中要次(俳優)と羽田圭介(芥川賞作家)が新コンビです。

相性はどうなんでしょうか?

路線バスの旅では、その人の性格や人柄が、よく見えてきます。

台本なしのロケ番組ならではの楽しみです。

羽田圭介(はだ けいすけ)さんがどんな人なのか気になります。

バス旅に、作品や書籍を持っていくのですかね?

どんなジャンルの書籍を読むのか気になります。

スポンサーリンク

芥川賞作家!羽田圭介さんの作品や書籍は?

2015年7月に、羽田圭介さんは第153回芥川賞を受賞しています。

この時、芥川賞を同時に受賞したのが、お笑いタレントの又吉直樹(またよし なおき)さんです。

又吉直樹さんと同時に受賞したことで、羽田圭介さんも有名になりました。

羽田圭介さんの芥川賞受賞作は、「スクラップ・アンド・ビルド」。

作品の表紙やタイトルからすると、会社の組織とか地域再生の話と想像しますが、

同居している祖父と主人公である孫の介護を通じて、肉体の衰えと筋トレ、心の挫折と再チャレンジを描いたお話です。

祖父と孫との関係を通して、古い社会システムに皮肉を言っている感じが面白いです。

羽田圭介さんの他の作品や書籍も気になりますが、小説の他にエッセイもあるようです。

スポンサーリンク

羽田圭介さんの食事や体脂肪率・次回作は?

羽田圭介さん、筋肉ムキムキで肉体を鍛えているようですが、どんなトレーニングや食事をしているのか興味があります。

昼食後の筋トレが日課になっていて、筋トレすると筆が進むのだとか?

体脂肪率はどれくらいですかね?

羽田圭介さんは、体重や体脂肪率について公表していません。

本人曰く、かなり鍛えているようなのです。

ちなみに、GAKUTさんは、身長180cm、体重60kg、体脂肪率7%だそう

食事に関しては、独身にもかかわらず、自炊することが多かったようですが、

3日間外食して、どうなったか?体験したみたいです。

その時のTwittwrです。

食にはこだわりがある人のようですが、3日間外食をやってみたときの羽田啓介さんのコメントです。

本当に自分が好きでやっているのかわからないのに大事にしてしまうことがあるんです。でも、いざ紐解いてみたら、実は大したことなかったとわかったりする(笑)。それを崩すためにも、自分の興味の外側にあるものをやっていけたらと思うんです。例えば今まで1回も降りたことのない駅で降りてみるとか、習慣みたいなことを崩して何かをやるっていうのは、気づきがあるなと思いましたね。

なんでも、体験してみるタイプの人のようです。

こんな体験も、次回作の肥やしになっているのでしょう。

まとめ

羽田圭介さんが、路線バスの旅を引き受けた気持ちが分かりますね。

なんでも作品や書籍の肥やしになると思っているのですね。

次回作がすごく楽しみです。

旅先の人間関係や自分探しを描いた作品を読んでみたいですね。

スポンサーリンク