ヨガ キャンプ

1泊2日のキャンプの場合は、2日目にはもう帰る準備をしなければなりません。

あっと言うまの時間ですが、せっかくキャンプに来たのですから、撤収して帰るだけというのはもったいないですね。

2日目は、できるだけ早起きをして、時間を有意義に使いましょう。

帰る日と思うと、朝からせわしなくなるものです。

撤収を開始する時間をしっかり決めて、それまでは、ゆったりとした気持ちで、大自然を楽しみましょう。

スポンサーリンク

2日目

6:00 朝の散策

大自然の中での早起きは気持ちの良いものです。

早朝の鳥の鳴き声は、心が洗われる感じがします。

朝食前に森の中をゆっくり散策してみましょう。

私は、5:00ぐらいに起きて、日の出と共に、太陽に向かってヨガをします。

静かな場所を探して、そこにヨガマットをひいて、仰向けになって寝るだけでもリラックスできます。

7:00 朝食の準備

キャンプの朝のコーヒーは格別です。

朝食は、片づけることを考えて、軽めのメニューにしましょう。

チェックアウトの日に炭火を起こすのは、時間がかかるのでやらないほうがいいです。

ガスコンロを使いましょう。

スポンサーリンク

9:00 撤収開始

テントの撤収は段取りを決めてから、協力して行うとスムーズに運びます。

テントやターフの汚れはきれいに拭いてから、ケースにしまいましょう。

汚れたまましまうと、シミになったり、汚れが残って取れなくなります。

バーベキューコンロも、洗い場できれいに洗ってからしまいます。

ゴミの分別、お皿洗い、火の始末など、手分けして進めていきます。

撤収が終わったらに、みんなでお茶を飲むぐらいの余裕は欲しいものです。

11:00 チェックアウト

忘れ物がないように、チェックをします。

最後に管理人さんや、お隣さんにあいさつをしてから帰りましょう。

出発する前に、帰りのルートやお昼ご飯のことも考えておきましょう。

まとめ

2日目は、何時に現地を出発するのかとても悩みます。

できれば、渋滞を避けてスムーズに帰りたいものです。

キャンプ場をチェックアウトして、そのまま、午前中に出発するのもいいでしょう。

渋滞を避けて、すぐに帰宅することができます。

家でゆっくり、キャンプの疲れを取るのもいいです。

あるいは、近くの観光地を周って、帰りの日も丸一日遊ぶのもいいでしょう。

私の場合は、渋滞を避けて早く帰路につきたいタイプです。

キャンプ用品の片付けもありますから、早めに帰宅したいところです。

でも、ファミリーキャンプの場合は、子供達や奥様の意見を取り入れましょう。

子供達や奥様も疲れていますから、お昼ごはんや夕食は外食ですませて、美味しいご飯を食べてから家に帰るのがいいでよう。

スポンサーリンク