オートキャンプ

1泊2日のキャンプの場合は、朝一に出かけましょう。

小さい子供がいると出発の準備に時間がかかることもあります。

なかなか思うように、早く出発できないかもしれません。

できるだけ前もって準備しておくことが肝心です。

2日間はあっという間ですから、渋滞に巻き込まれて時間を無駄にしないように早めに出発しましょう。

午前中にはキャンプ場にチェックインしたいものです。

早く現地に着いた場合は、キャンプ場の近くで、遊べるところ探しておくといいですね。

ちょっと一息、自然と触れ合えるところを見つけておくと心に余裕が生まれます。

スポンサーリンク

1日目

9:00 出発

キャンプ場までの途中、渋滞などもあるかもしれません。

余裕をもって、早めに出発すれば、気持にも余裕が生まれます。

せっかくキャンプに行くのですから、ゆったりとした気持ちでスタートしましょう。

11:00 現地のスーパーで買い出し

地元のスーパーにはその土地ならではの食材が売っています。

夕食の食材として、ぴったりです。

お昼のご飯は、手軽に済ませるために、お弁当を買っていってもいいでしょう。

キャンプ場に着いたら、やるべきことはたくさんあります。

時間を有効に使いましょう。

13:00 チェックイン

チェックインの時間はキャンプ場によって異なります。

チャックインをしたら、場内ルールの確認と料金の支払いをします。

テントを張るサイトを決めて、炊事場の場所やトイレの場所を確認しましょう。

13:30 テントの設営

サイトの場所が決まったら、まずは、お隣さんにあいさつをしましょう。

テントの設営は、みんなで協力すれば早く終わります。

テントの設営前に、テーブルと簡単なキャンプ用品を出して、先にお昼ご飯を食べてもいいでしょう。

お弁当を食べながら、テントの設営方法や配置を話し合うのも楽しいものです。

15:00 自由時間 遊び

テントの設営が終わったら、待ちに待った自由時間です。

大自然の中で思いっきり遊びましょう。

もちろん、キャンプチェアに座って、ゆっくりくつろぐのもありです。

作業が終わった後のコーヒーは最高でしょうね。

スポンサーリンク

17:00 夕食の準備

炭は火を起こすまでに30分ぐらいかかります。

炭でバーベキューをする予定なら、早めに火を起しておきましょう。

キャンプと言えば定番のカレーです。

野菜などは家でカットしておくと料理の手間が省けます。

18:00 夕食タイム

キャンプの一番の楽しみは、夕食の時間です。

普段、家ではできない話がゆっくりできて、絆が深まります。

夕暮れを楽しみながら、ゆったりとした気分で夕食を楽しみましょう。

大人たちは、ゆっくりお酒を楽しむのもいいですね。

太陽が沈むと急に暗くなるので、ランタンやライトの用意をしておきましょう。

20:00 シャワー・入浴タイム

子供たちは、遊び疲れて眠くなってくるかもしれません。

徐々に夕食の片付けなどを始めます。

シャワーやお風呂に入って、一日の疲れを癒し、サッパリしましょう。

22:00 消灯時間

キャンプ場によっては消灯時間が決められている場合もあります。

明日の活動に備えて早めに就寝しましょう。

まとめ

キャンプ1日目の夜は、どうしても夜更かししてしまいがちです。

ゆっくりと夜を楽しむのもいいものですが、明日のスケジュールのことも考えて、時間を決めて切り上げましょう。

寝る前に、2日目のスケジュールをみんなに伝えておくことを忘れずに。

スポンサーリンク