登山

キャンプや登山などのアウトドアでも、普段の生活と同じようにスマホやタブレット使いたいものです。

インターネット、音楽、写真、動画、SNSなど、いつものようにスマホを使用すれば、1日でスマホのバッテリーはなくなります。

キャンプ、登山、海水浴などのアウトドアのとき、スマホの充電をどう確保するか?

スマホのバッテリー切れを防ぐために、事前に準備しておく必要があります。

キャンプでの熱中症などの緊急時の対処法を調べたり、

アウトドア料理を作る際には、スマホでレシピを確認したり、

登山中には地図アプリで現在位置を確認したりと、

スマホはアウトドアでの必需品になっています。

コンセントのない場所で、スマホやタブレットを充電するには、どんな方法があるでしょうか。

スポンサーリンク

キャンプや登山でスマホを充電するにはどうすればいいの?

日帰りキャンプに役立つモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 (10000mAh)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh) 出典 Amazon

モバイルバッテリーは、スマホの予備バッテリーとして、通勤や通学などで使って、すでに持っている方も多いと思います。

スマホのバッテリーが切れそうになったときは、とても便利です。

大容量タイプの10000mAhぐらいのモバイルバッテリーですと、スマホのフル充電で2~3回分程度の容量があります。

日帰りのキャンプや登山なら、通勤や通学で使っているモバイルバッテリーでも十分でしょう。

でも、モバイルバッテリーは、容量がなくなったらコンセントで充電する必要があります。

アウトドアでは、コンセントのないことを想定しておくことをおすすめします。

アウトドアで役立つソーラーチャージャー

モバイルバッテリー

10000mAh モバイルバッテリーソーラーチャージ機能付 出典 Amazon

 

モバイルバッテリーには、ソーラーチャージ機能が付いているものがあります。

日中、太陽光さえあれば、いつでもどこでもモバイルバッテリーに充電することができます。

ソーラーチャージ機能については、太陽光の下に置くだけで充電しますので、とても手軽です。

しかし、コンセントから充電する場合に比べで、多少時間がかかします。

ソーラーチャージ機能は、あくまで非常用と考えた方がいいでしょう。

それでも、太陽光の自然の力で、モバイルバッテリーが充電できるなら、十分に使えそうです。

キャンプや登山、海水浴など、コンセントがないときには、大変役立つでしょう。

スポンサーリンク

おすすめなのはソーラーパネルとモバイルバッテリーの組み合わせ

ソーラーパネルは、太陽光の力でスマホに充電します。

ソーラーチャージ機能付のモバイルバッテリーに比べて、ソーラーパネルが大きいものがいいです。

太陽光さえ出ていれば、1日で十分、スマホをフル充電できます。

しかし、ソーラーパネルを直接スマホにつないで充電する方法だと、日中は、スマホを好きな場所で使えないことになります。

おすすめな使い方は、ソーラーパネルでモバイルバッテリーに充電して、一度、電気を蓄えるという使い方です。

これなら、太陽光の当たる場所にさえ置いておけば、ソーラーパネルとモバイルバッテリーを繋ぎっぱなしにして、アウトドアを楽しむことができます。

スマホのバッテリーがなくなってからソーラーパネルで充電しようとしても、太陽光が出ているとはかぎりません。

日中のうちに、モバイルバッテリーに充電しておくと、夜でも電池を気にせずスマホやタブレットが使えます。

まとめ

キャンプ、登山、海水浴などのアウトドアで、スマホの充電は、今や、命や食料の次に大切な問題です。

近くにコンセントのない場所で、スマホの充電が切れたら、それこそ死活問題です。

キャンプのとき、モバイルバッテリーと一緒にソーラーパネルがあれば、安心感が違います。

太陽が出ていれば充電できますし、何よりソーラーパネルを持っているとおしゃれです。

友人や家族にも電気を分けてあげる事ができます。

スポンサーリンク