スポンサーリンク

春は日差しも強くなり、気候も温暖になってきました。

春キャンプは、夏のキャンプと違って、蚊や虫がまだ少ないのでキャンプには最もいいシーズンです。

日中は暖かい気温であっても、朝と夜では気温の差が大きいのもこの季節です。

しっかりと寒さ対策をして、キャンプの準備を整えましょう。

春キャンプで用意したい、服装、寝袋やストーブなどの持ち物についてまとめてみました。

春キャンプ、テントの寒さ対策と服装・持ち物

春キャンプ焚き火

寒さ対策として、大事なのが地面からの冷気です。

テントの下からの冷気を防ぎます。

これをしないと寝る時も寒くて寝られません。

一番下にオールウェザーブランケットを敷きます。

ちょうどよい大きさで、下からの冷気を防いでくれます。

その上に極厚の断熱アルミシートを敷きます。

断熱アルミシートはしっかりと地面の冷気を防いでくれます。

断熱アルミシートの上には、テントのインナーマットを敷きます。

電源サイトや大容量のポータブルバッテリーがある場合は、断熱アルミシートの上に電気毛布や電気カーペットを敷くといっそう暖かいですね。

服装

寝るときの服装は寒さ対策をしっかりとしましょう

春キャンプでは、保温性と通気性に優れているフリースやダウンを着て寝るようにしましょう。

コンパクトに収納できて軽いウルトラダウンなどがおすすめです。

テントの中とは言っても、テント内の温度は外気の温度とほとんど同じです。

天気予報よりも気温が低くなってしまう場合もあります。

寒くて眠れずに夜を過ごせば、朝には寒さで体力を奪われ疲れきってしまいます。

スポンサーリンク

寝袋・ブランケット

夏キャンプでは、寝袋がなくても毛布があればいいですが、春キャンプには寝袋は必ず持っていきましょう。

底冷えで寒くて眠れなかったということもあります。

断熱性のみでなく、クッション性も備えた寝袋を持っていきましょう。

ブランケットや毛布も、一緒に持って行った方が無難です。

寒くなった時に寝袋の上から掛けてもいいし、下に敷くこともできます。

焚き火台・ガスストーブ

日中は気温が高くても、夜はかなり冷えます。

春キャンプでは、焚き火をして暖をとるのが、最高に気持ちいいです。

焚き火は、夜、就寝するときは、消した方がいいでしょう。

火の粉が風に煽られて、テントに飛び火することも考えられます。

おすすめなのが、カセットガスを利用したガスストーブです。

焚き火台がなくても、ガスストーブがあれば、暖をとれます。

ガスストーブは、カセットガスボンベ1本で約3時間利用できます。

まとめ

春キャンプでは、日中は暖かく夏のような陽気になりますが、まだまだ朝晩はぐっと冷え込みます。

都会からキャンプ場に行くと、朝晩の冷え込み厳しく、予想以上に寒く感じられるでしょう。

キャンプ場を選ぶ時も、なるべく標高の高い場所は避けるなどした方がいいでしょう。

また、出発の前日などに、キャンプ場に問い合わせて、朝晩の冷え込み具合を確認するとよいです。

寒さ対策をしっかりを行って楽しいキャンプにしてくださいね。

スポンサーリンク